「私」のCROSS†CHANNEL 10

f:id:kunicchi:20170715150300j:plain

 後のRewriteである。

 

f:id:kunicchi:20170715150345j:plain

f:id:kunicchi:20170715150401j:plainf:id:kunicchi:20170715150435j:plain

 個でなければならないとする倫理。まあ人の存在否定やね。つきまとうものとはいえ、憎しみを肯定するなんてできないだろうし。

 よく言う話だけど人の間で生きるのが人間の生である。個であれば、人間ではなくなる。それは別の何かだ。道理だと思う。余談だが、ここから離人症という病名の話をすると少しおもしろいかもしれない。人間から離れるということとは。人らしさの消失。

 

f:id:kunicchi:20170715151516j:plain

 かわいい。。。

 

f:id:kunicchi:20170715152108j:plain

f:id:kunicchi:20170715152130j:plain

 太一の倫理観は実際理想的なものを目指していて、その試行錯誤のループなんだけど、これがまた、しんどいんよねえ。。無理な要因いくつ上げればいいんだ? という。

 

f:id:kunicchi:20170715152733j:plain

 たいっちゃんの本質は84%のこと。この辺難しいよなー。理想的ともいえる倫理観を持ちつつ、だから。

 

f:id:kunicchi:20170715152931j:plain

f:id:kunicchi:20170715152948j:plain

 84%の自分を持ちながら、自身の好悪について些細なことに思える、というのはどうも離人の気質に聞こえる。自暴自棄ではないというのがポイントやね。そりゃ、切ないわ。

 

f:id:kunicchi:20170715153308j:plain

 これめっちゃ良いこと言ってます。人を類型化してはならない。

 人というものは、個人として見てくれ。頼むから。

 

f:id:kunicchi:20170715153459j:plain

 ちょいとふわふわして全体的に隙のあるたいっちゃん。レアやね。七香の前だっていうのはありそうだねえエモいねえ。

「私」のCROSS†CHANNEL 9

f:id:kunicchi:20170714192218j:plain

f:id:kunicchi:20170714192234j:plain

 太一の絡みってまあセクハラだったんだけど、コミュニケーションの手段をあまり持たないので、そこに言外の意味が発生してるとは思うんね。いや、太一セクハラ好きではあるんだけど、あるニュアンスが含まれる。これを受け止められる人が太一と交流を持てる人で、美希なんかは代表的な人であった。

 普通じゃないコミュニケーションをしているという意識、それだけしか交流において持ち出せない個人というのは絶対存在している。まあこれは言外のニュアンスを汲み取れる――非言語的なコミュニケーションが可能であったり――その他、その人を類型化できる人なんかは少なくとも表層的なコミュニケーションが可能である、とは言える。

 「私」のCROSS†CHANNELなので、個人的事情に踏み込むと、私のコミュニケーションがなんともまあ自傷めいた、いわゆる躁の気質を使っているという意識は持っています。でも大体そうなるのは好きな人の前なので、なんかそんな感じになってる時は好意全開です。これが言外のニュアンスということになるのかな。

 これは類型化すればピエロタイプなんだけど、やっぱり類型化は取りこぼしがある、ね。型にはめるということだから。

f:id:kunicchi:20170714193852j:plain

 他者がいる=価値観が発生する、というのは触れられていた。価値は相対的なものが多いもんで。

 ここはちゃんと考えてみてもいいかもしれない。我々、というより私にとって他者がいるとは? 

 他者の目というのは基準の一つだ。なぜ基準になるか?

 それは排斥が死につながるからだ。

 実際に他者がいるのだから、この他者の視線・価値観というのは無視することはできない。無視したければ山奥に引っ込んで霞を食べていればよろしい。だからといって、個人主義の否定、とまで行くと極端だ。

 ここで出てくるのが中庸という話で、アリストテレスは偉大だという気持ちになる。そう言われてしまうと、とりあえずの納得はできる。妥協とも言いかえるかもしれない。

 ここで起こる問題は、中庸で生きていけない個人の存在ということ。これは社会病理学の分野だな。アウトサイダーと呼ばれる人たち。そこでは一定数社会にそういう人があらわれてしまう病理的現象として扱われている(違ったらすまない)。それこそ群青の人たちだ。

 ちくしょう、難しくなってきた。要は(要せるか?)、アウトサイダーとして生まれたものの生き方ということになるだろう。だって、甘く見積もっても中庸、という生き方ができなくて、社会病理的に(確率的に!)アウトサイダーとして生まれてしまったものの生。

 みみみ先輩の「ままならねーです」の台詞を改めて噛みしめるところだと思う。

友達について

 サクラノ詩Ⅵ章でも触れられていたが、地元に残った顔見知りとたまに飲みにいく、というのは決して不幸ではないが、やはり幸福の後の話にはなるのだろう。同じ部活で心通わせた友人たちは地元を離れ、なんとなく連絡も取ることもない(凜なんかは特殊すぎるが)。あの美術部時代は間違いなく幸福の瞬間で、それを取りこぼしてしまうのが、どうも私には道理に思える。

 ところで、今私が生きている現実において、友達というのは、やはり毎日会ったりするものではどうにもないらしい。これを肯定するか、どうか、というのはかなり難しいものだ。私にとって友達とは、どこまで優先できるのだろう。正直な気持ちを話すと、今の生活を投げ出しても、友人のもとへ行きたいくらいなのだが、この葛藤どう処理すべきか、抱えたまま死ぬのか、本当の悩みではある。貯金が少しあるのは救いだ。友人たちが関東に集まるというなら、私もそこで働き口を探すのが、肯定的人生を得るために必要なことだと思える。幸福に生きるためには。なんと表現したらいいかわからないが、私はあなたを必要としているということだと思う。

 単にネットつながってなくてダウナーなだけかもしれないね(;´д`)

 

いやこれだめやろ

 ふざけんな論理学難しすぎる。テクニカルタームナチュラルに多用するな初学者向けじゃねえ。もっと優しく導入してくれませんか? 一旦投げることにする。あのテキストで論理学嫌いが一人増えたぞ! 残念だったな! 論理学はこれじゃあ流行られねーぞ! (少なくとも同大学内では) 

 私は楽しくて好きな勉強をする!

「私」のCROSS†CHANNEL 8

f:id:kunicchi:20170531211651j:plain

f:id:kunicchi:20170531211710j:plain

f:id:kunicchi:20170531211727j:plain

 幸福の瞬間を捕まえるのは難しい。とはサクラノ詩より。

 そういった楽しい思い出、瞬間的な幸福に意識的な太一。

 その瞬間の感慨を、ありがとう、と誰ともなく。

 少し難しいが、幸福な過去への感謝は内的なもので、発したところでどこか空虚さがつきまとう。過ぎ去ったものをつかむのは、とてもとても難しいことで、だからこそ内的な感謝が生まれる。なぜか? もう、そこには幸せはありませんから。ないのですから。

 過去というのはその絶対性によりプロテクトされたもの、というのはあまり言及したくないけどロミオのよく使うモチーフではありますヘ( ´Д`)ノ

f:id:kunicchi:20170531213140j:plain

f:id:kunicchi:20170531213151j:plain

 七香は完璧すぎる!‹‹\(´ω` )/››

 

 

「私」のCROSS†CHANNEL 7

f:id:kunicchi:20170525223622j:plain

 

 例えば放送部の面々は有識な人が多い。ある一面での太一理解を持っている人。霧ちん筆頭に部長とか。ならば、太一に対して自衛もできる。受け入れることもできる。

 

f:id:kunicchi:20170525223648j:plain

 それにしても太一を霧ちんは刺激しすぎよなーというのはあって。もちろん豊関連の話が前提にはあるわけだけど、それは度を超えていて。太一の自制を持ってしても加虐の嗜好が出てしまうほどに。色々推し量るのが霧ちん下手だよなー。無謀ともいえる。

 

f:id:kunicchi:20170525223702j:plain

f:id:kunicchi:20170525223713j:plain

f:id:kunicchi:20170525223727j:plain

f:id:kunicchi:20170525223742j:plain

 存在の全肯定。私が求めているもの。実際、ここでひとつのEDを迎えたとしてもおかしくない構図ではある。とても感動的だ。

 七香は生まれの不幸とかそういった矮小な考えは持たないだろうな。太一の境遇への申し訳なさはあっても、太一の生についてはどんなものであっても全肯定するだろう。正しい。好ましい。羨ましい。

 生まれ落ちたからには、どんな生だって、肯定されるべきである。

『最果てのイマ』セレクション 1

 エピローグより

 世界は滅びた。
 人類は衰退した。
 全て、予想通りになった。

 生存したのはわずかな数。
 再び元の文明分化に至ることは絶望的だろう。

 過去の歴史か得た叡智で、最短の手順で、細々と
食料を得ている今の人類だ。

 しかし流動する活力を束ねることはもうない。
 個人の間の距離は引き伸ばされ、皮肉なことに野
生種として適切な距離に戻された。

 人は群れることで深化した。
 我々は人の気持ちを推し量る。

 読心することで、人と人の距離を維持しようとす
る機能がある。

 これは社会的複雑性の読解力と言われる。
 相手を理解することで、共存が成立するのである。

 その中からルールが生まれ、倫理が育った。
 単純には、隣人を憶測する能力のことだ。

 何をすると怒るか。
 どうすれば喜ばれるか。
 いかにしてうまくやっていくか。

 そういう力だ。
 殴られれば痛む。
 贈れば喜ぶ。

 だが人のそれは、他の社会的側面を持つ動物のそ
れを、遙かに上回る。

 その強力さは、ほどんどテレパシーと言って良い
ほどだろう。

 人は人の心を解するのだ。
 感情移入できるのだった。

 

  冷静に考えて、空気を読むという倫理的な行いはテレパシーじみているというか、そのものである。このことには純粋な驚きをもっと覚えてもいい。昨今の大人の発達障害というある種の流行りにおいて、やはり、人間の倫理は、前提がテレパシーなので問題になる時が自然と訪れたということなのだろう。しかも、その倫理は普遍性と個別性が複雑に入り混じり、絶対性が担保されない。語りえない。

 私が取る戦略としては、あえてそのテレパシー使わない論理コミュニケーションは使っているフシがある。つまり、お互いが、語ったことにしか信用を置かない、読心をしないという態度。個人的には、限定的には有効だと思っている。

 しかし、どうなんだろね(‘、3_ヽ)_