「私」のCROSS†CHANNEL 0

前置き。 表題にもある通り、この記事では、「私」とCROSS†CHANNELの間にある何かしらを綴るものであります。 おそらく重要なのは括弧つきの「私」という一人称で、ここでは少し特殊な用法で扱います。 「私」は、自身の同一性・連続性といったものをまったく信頼しておらず、極端なことを言えば、今この瞬間に深刻な脳疾…