とくになし

 特筆することはないんですが。夏休みです。どこかに出かけたりすることもなく。外出するとしたら西友行くかイオン行くかみたいなもんで、引きこもっております。一ヶ月と少し人と会って話したりするようなこともございませんので粛々と腐っていっています。それはよくないことだと漠然とした思いはあるにはあるんですが、如何せんどうしたらよいのだと途方にくれ、やっぱり家に居るのはよくないなあと思い至るんです。それで散歩に出ても特に得るものはなく、近所の川でアザラシを見つけて喜んでいたら実はヌートリアだったとかそういうことしかないです。これが個人的に今のところ夏休みで一番大きな出来事です。アザラシではなかったんですがヌートリアも中々大きいですから、迫力がありました。家に帰ってヌートリアをググったら生態系荒らしまくっててなんか川のギャングみたいな存在らしくてまあ野生ではあるんですが、見た目からして日本の川にいるのは不自然な動物といった感じではあります。

 やることというか家から出る動機が欲しいというところはあるやもしれぬ。それで温泉とかいいなあとか思うもののまあでも電車乗ったりすることを考えると億劫だ。お金もかかる。結局のところ何もしたくないというのはありそうだけど何もしないのもつらいのでブログを書いている。

 しかしほんと腐った大学生みたいな文章だ……。サンプルを見たことはないが、たぶんこんな感じな気がする。どうしてこうなった。普通につらい。背筋が凍る。こういうのはやっているうちに慣れるのでどんどん書きたいとは思う。けいおんも最初は見るのが辛かったが暴露療法的な感覚で見ていたら慣れてBD全巻買っていた。思うところとしては、自分で読んであちゃーとなる自意識が嫌です。もっと堂々と腐りたいです。いや腐りたくはないんだけど、こう(伝われ)。結局のところ、引きこもってるのがいけないんだと思う。思考が自分に向きすぎるのでさぞ気持ち悪いことになっているんだと思う。夏休みはじまった当初はそれもまたよし、むしろ内省を極める勢いで行けばいいんじゃないかとか思ってたけどこんな結末だもういやだなにもしたくないしLINEの乗っ取りはこわい。へやはあついし、クーラーをつけると寒い。そういうことじゃないんですか? 大学行くとしんどいし、部屋に何十日も引きこもっていたらこうなる。このへんのリズムは相変わらずですね。友達欲しいなあ。