とくになし2

 自身が書く長文にまとわりつく違和感というのは考慮して書かないと、という気持ちはあり、違和感を受容していかないと長文が書けなくなってしまいます。