ぽーん

 小さいころ、特に小学生のころなんか、ちょっと朝起きられなくて(または体調が悪かったりして)学校を休んだり、学校には行ったものの午前中で帰ってしまったりなんかをしてしまった時の、家の、がらん、とした雰囲気が妙に印象深い。お得な感じが妙に背徳感あるよね。しかも小学生にとっては家族と学校が世界の多くを占めていたのだから、その2つからの開放は、社会から投げ出されたような、ふわふわした感じであったような気がする。