私なりのコード理論まとめ

 私としては、法則できっちり決まっていると思考を委託できて助かる。ということで自分なりの枠組みを作ってみたい。随時改稿していけたらいいね。

 

①調

 長調に関しては特筆することはないが、短調は主に和声短音階が使われる。

 和声短音階とは、自然短音階の第7音を半音上げたもので、要はこれのおかげで終止感が強まる。導音っぽさが強化される。調号は基本的に自然短音階のものなので、和声短音階の第7音は臨時記号が使われることになる。メロディをよく見たら第7音が臨時記号になっているかもしれない。和声短音階かもしれないね。ただしコードに関しては基本的に和声短音階のコードを記述するため、コードを見てもわかりにくいかも(自然短音階のコードを譜面化する時に臨時記号を付けるわけではない)。

 

カデンツ

  • 3つのカデンツが代表的なもの。
  • T-S-T
  • T-D-T
  • T-S-D-T

 

③コードネーム

  • dimはマイナー♭5のこと。減三和音。
  • augはメジャー#5のこと。増三和音。
  • 7thは鍵盤を数えると覚えやすい。混乱しそうなC7とCM7の違い。ここで書かれるM(メジャー)は第5音と第7音までの距離。短三度ならばC7。長三度ならばCM7。

 

④コード進行

  • Ⅰの和音は、すべての和音に進むことができる。
  • Ⅱの和音は、Ⅴの和音に進むことができる。
  • Ⅲ(後述)。
  • Ⅳの和音は、Ⅰ、Ⅱ、Ⅴの和音に進むことができる。
  • Ⅴの和音は、Ⅰ、Ⅵの和音に進むことができる。
  • Ⅵの和音は、Ⅱ、Ⅳ、Ⅴの和音に進むことができる。
  • Ⅶ(後述)。
  • 基本的には、トニック→Ⅰ・Ⅵ サブドミナント→Ⅱ・Ⅳ ドミナント→Ⅴ・Ⅶということになる。
  • 進行には制限があり、トニックの連用をする場合、〈Ⅰ-Ⅵ〉の進行に限られ、逆の進行は基本的に認められない。
  • サブドミナントの連用にも制限があり、〈Ⅳ-Ⅱ〉という進行に限られる。
  • 7thにした場合もコードの機能は同じである。
  • 7thコードは、第5音を省略しても自然である。
  • Ⅶの和音はⅤに連結させ、Ⅴ7の形でよく用いられる。
  • Ⅶ7の和音は、転調時によく用いられる。

 

⑤セカンダリードミナント

  • セカンダリードミナントは「Ⅰに当たる和音の直前」に挿入できる(概して小さな転調のように響く)。例:ⅡのⅤの和音→Ⅱに進行する(CにおけるDmのⅤの和音はA7である)。
  • 長調において使用するセカンダリードミナントは以下の通りである。
  • Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵのそれぞれに対応するⅤ(ドミナント)の和音(ドミナント7th)。
  • 短調において使用するセカンダリードミナントは以下の通りである。
  • Ⅳ、Ⅴ、Ⅵのそれぞれに対応するⅤの和音(ドミナント7th)。
  • 7thコードは、決められたルール以外にも自由に他の7thコードに進むことができる(C→A7(ⅡのⅤ)→D7(ⅤのⅤ)→G7(Ⅴ)のような進行。ⅡはDmであるが、D7としてⅤのⅤのように変化させる形)。

 

 ※きょうはここまで※