読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「私」のCROSS†CHANNEL 4

 

f:id:kunicchi:20170412231642j:plain

 斯くありたいものである。いや・・・無理な気がするな・・・。

 わりとーてきとーにたいっちゃんも言ってる気がするし、てきとーモード・・・というよりは諦め? そんな気がする。太一が自身のことを理性で制御できるものだと認識しているとはちょっと思えない。かな。

f:id:kunicchi:20170412232104j:plain

 

 私も壁に寄りかかって所在なげにしている美希と遭遇してぇーという思いを表明。立ち絵かわいいよねえ。

 

f:id:kunicchi:20170412232216j:plain

f:id:kunicchi:20170412232244j:plain

 たいっちゃんの良くないところだね。この人、頭良いんで、相手の底をちゃっかり測ってうざ絡みを入れるので。それをしてる側は楽しい行いなのが問題なんだと思うけどもね。

 

f:id:kunicchi:20170412232315j:plain

f:id:kunicchi:20170412232618j:plain

 そして太一はそういった自分の嗜虐性を明晰に理解している。しているが故に、かろうじて残っている理性に頼るしかないのです。言ってしまえば悪癖。悪癖は、悪癖だと認識してしまうと、本人にとってもストレスであり、自己の瓦解にもつながってしまうものだ。

 やってはいけない、けどやってしまう。という話はどこかで扱いたいが、、、

 

f:id:kunicchi:20170412233202j:plain

 サンドイッチ美希。霧ちんにとってはとても重要な人物なのだが、美希は単独でも動ける人間だからにゃー。そりゃー太一はほんといろいろな意味で霧ちんの敵であろうさ。

f:id:kunicchi:20170412233519j:plain

 後腐れを無にする美希ちゃんのフォロー。立ち回りゲー上手いよな。まあ結局この行動が、美希ちんの自己保身である、という結論を導けるのがこのCROSS†CHANNELという作品のポイントであろう。

 

つづく。