中学二年生の『電気サーカス』

 『電気サーカス』という小説がある。今から20年弱前、テキストサイト全盛期のインターネットを表現したタイトルである。そこでは、主人公がいろいろなインターネッターとオフ会をし、パコをし、シェアハウスでお薬ごくごく勢として生活をする話である。

 この『電気サーカス』にはヒロイン級の格を与えられた、「真赤」と呼ばれる中学生不登校少女が登場する。このヒロインがぼくは大好きで仕方がない。

 

 ここから、前置き。

 ぼくの中学生時代の話はいろいろな人から受けがよく、聞いて喜んでもらえてると感じている。人に喜んでもらえるのは大変うれしいので、この度、記事にしてみようと思った。面白おかしく読んでもらえたら幸いです。

 中学時代、学校に居場所がなく、ついたあだ名が「愚民」だった。このネーミングセンスはとても悪いものだと思っていて、もうちょいなんかあるやろと今でも思う。あんまりもう気にしてないけどね。学校へ行けば「愚民がきた」と目の前で言われる始末である。ぼくも気が強い人間なので「愚民じゃねーよ」と言い返すと「ごめん」と言われた。ただ流行に乗っていた少年だったので気軽に呼んでいただけのようだった。味方がいないわけではなかったが、そんな学校へ行く気はもちろんなくなり、朝は起きれないわ、行っても帰りの会だけだったり、フリースクールに顔を出してガンプラを作ったり、とよくいる不登校児だった。そんな自分が特にハマったのがインターネットである。ツーチャンネラーとしてせっせとインターネットをはじめたのは、痴漢男のスレが立っていた頃だったように記憶している。2004~2005年くらいですね。

 ところで、我が家は私のみTVゲーム禁止というわけのわからないルールがあったため、ゲームに飢えていた。兄のゲームをやっている姿をみたりするのが楽しみで、パソコンが扱えるようになってからフリーゲームにハマりだした。これは小学生のころの話である。フリーゲームと言えばノベルゲームが多い。これにのめり込んだ。手当たり次第やった。一番記憶に残っているタイトルは『遠来』だ。これは小学生のころやって大変感動し、世の中にはこんな面白いものがあるのかと以後ノベルゲームをやり続ける人生となっている。

freegame-mugen.jp

 

 さて、中学生時代の話にもどろう。ハッピー☆マテリアルの熱狂なんかが残るVIPでVIPPERとして精を出していたぼくはオフ会に顔を出すことになった。理由は、エロゲがやりたいからである。もちろんエロゲを買うことができない年齢で、通販も当時扱う知識がなかったため、人に頼むことにした。そこで、VIP板の岡山スレで頼み込んだ。そうしたら「今からいくわ」みたいな軽いノリでレスがつき、サシオフとなった。

 いくらなんでもこわすぎるけど割とどうでもいい心境だったぼくはとりあえず護身用ナイフをカバンに忍ばせ、待ち合わせ場所であるメディオにて待機することになった。あちらの特徴は知らされてないため、発見されるのを待つことになる、はずだったが、なんか入り口で目があった瞬間、あ、この人だ、とお互いがそういう感じを覚え、すんなり出会うことができた。彼は7歳ほど年上で21歳だった。依頼通りエロゲーを買ってもらった。何を買ったかというと、『ToHeart2 XRATED』だった。ノベルゲームにハマっていたぼくは、全年齢版のToHeart2はプレイ済みで、どうしてもエロ有りが欲しかった。(言い忘れていたがこのころでは家で家庭内暴力騒ぎを起こしておりゲーム禁止はおろかもはや放任主義という感じの家になっていました。)

 21歳VIPPER兼フリーターの彼とは、学校に行っておらず暇にしていたぼくは相性がよく、しょっちゅう遊んだ。KeyのKanonをおすすめされたのも彼だった。これは神ゲー神ゲーと連呼されておりました。遊びはゲーセンが多かったかな。麻雀が強かったので麻雀を教わったり、ファミレスでPSPで遊んだり、そんな感じだった。当時のぼくの性格は非倫理的にすぎたので、高校に入学してからは連絡を取ることが少なくなり現在となるが、現在26歳のぼくから考えると21歳の彼は中学生と遊んで、なにがしたかったのだろう、というのはちょっと頭をよぎる。面白かったんならそれでよかったんだけど。元気にしてっかなー。おれもアラサーになったよ! 死にたいけどそれなりに生きてるよ!  しかしぼくの『電気サーカス』はまだ続いている気がするよ!